底地、借地に関するお問い合わせについて、メールでも受け付けております。E-MAIL:taniwaki@heart.vc
インデックス
ホーム
業務内容
珊立の営業日誌
事 例
Q&A
ブログ
タックスアンサー
底地借家法
会社概要
リンク
お問合せ

ご連絡先
底地・借地・不動産コンサルティング
 株式会社 ハートランド
 千代田区神田司町2-5-1 3階
 tel:03-5577-7863

弁護士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、公認会計士ほか万全な受付体制で対応いたします。 お問い合わせ

 代表事例(奥戸)
地 名 ねらい
手 法
紹介元
結  果
奥戸 物納 貸家契約解除 会計事務所 相続税支払のため、
貸家契約解除・解体・更地・物納
   
 
1. 平成10年、会計事務所より、相続後の納税対策につき依頼をいただく。物納予定地(更地)はあったが、不良資産となっている「古貸家」を清算し、『物納』を提案する。

※問題点
築40年以上、風呂なしアパート、
家賃平均3万円
近隣には、この家賃では入居不可
物納のため、全員退去でなければ意味なし。
 
2. 土地面積465.79m2、テナント1軒、貸家2軒、アパート2棟6人の合計9人
 
3. 今回は、風呂なし、築40年アパートで、家賃平均3万円だった為、他に移転する物件もないため、困難が予想されたが、下町の人情があり、粘り強く交渉を重ねた結果「家主さんが困っているなら、しょうがない」、一人移転していただいたあとは、順調に交渉が進む。
 
4. 強気一辺倒でなく、紳士的な交渉が実を結んだと言えよう。
RESULT
9人全ての借家人さんと、「借家退去合意契約」締結、この間約3ヶ月で合意をとりつける。
解体の後、『物納』
物納予定地(更地)を今後の有効活用のために残し、不良資産(低収益物件)であった、物納も受け付けない(家賃が安すぎるetc.)貸家建て付け地を、更地評価で物納。

貸家建て付け地の相続評価でありながら、更地評価にて『物納』(評価額のup)に注目!
Copyright©株式会社ハートランド.All rights reserved .